【新説】スマニューのマネージャーが28歳で「適職」を見つけた意外な方法 | JobPicks

未上場で時価総額が1000億円を超えるスタートアップを渡り歩いてきた森山大朗さんは、28歳でいったん会社勤めを辞め、飲食店のアルバイトを経験したことが、現在のキャリアを形作る礎になったそうだ。「エリートとは程遠い」と語る彼のキャリアを紐解き、人生を劇的に変える分岐点のつくり方について考えた。
Favorite
Credit
インタビューワー
ライター
企画
Share
Do you like the work?
Get in touch with
倉益りこ
or create your own now!