【鏡音リン/iroha】「炉心融解」- POEMCORE REMIX -【by 渚乃奏】
Logo

【鏡音リン/iroha】「炉心融解」- POEMCORE REMIX -【by 渚乃奏】

Favorite
Credit
ミックス・マスタリング
ラップ・歌
Share
Behind The Scenes

【鏡音リン/iroha】「炉心融解」- POEMCORE REMIX -【by 渚乃奏】

※動画の作詞者クレジットにミスがありました。概要欄が正しい表記です。 「炉心融解(POEMCORE REMIX)」 作詞:kuma(alfred) 作曲・データ提供:iroha(sasaki) リミックス・ラップパート作詞:渚乃奏 歌:渚乃奏 with 鏡音リン irohaさんが配布していたステムデータ(https://twitter.com/iroha_sasaki/status/1345954865910927360?s=20 )を使用してリミックス版を制作しました。 原曲→https://www.nicovideo.jp/watch/sm8089993 ・iroha(sasaki)さん Twitter→https://twitter.com/iroha_sasaki ニコニコ動画→https://www.nicovideo.jp/user/351409/mylist/3001349 ・Lyrics(REMIX) 街明かり華やかな鋼鉄の冷たさ 猛烈な飢えがさ 襲い来る午前二時に 着けたタバコに赤い炎が灯ったら 思ったさ 自分が何をしでかしたのか 抜け出したのは 自由のためとかじゃなかった むき出しなのは あてのない欲望だけだった 老いることの恐れは 若さゆえに清らか 胃の中 焼け着いた自己をただ眺めた 君の首を絞める夢を何度も見た 君と海を見てる夢も何度も見た 日々この罪の癒える方法を探していた ねえ 僕らはどこへ行くの? チェレンコフ光に包まれながら体が溶けてくのを見てた 溶けていったのはそう 僕らが背負ってる罪だったらいいのにな 彼の死は僕らに何をもたらしたのか (核融合炉にさ 飛び込んでみたい と思う) 真っ青な 光 包まれて奇麗 地下深くにあるゴミ箱に全て投げ捨ててしまいたい 何千年も何万年もそこで朽ち果ててしまえばいい きっと誰一人気にも止めはしないからそこで (核融合炉にさ 飛び込んでみたら そしたら) すべてが許されるような気がして ベランダの向こう側階段を昇ってゆく音がする ほぼマスクで顔を覆った人々が息を吸う 耳をつく爆音は何号機の音かな 言葉はこの非常時にあまりにも無力だ 武力はこんな時ばかりあまりに強くてさ 病んだ人々をまた地下室に追いやるのだ もう嫌なのさ 誰もが密室に閉じ込められるのは 世界は少しずつ 少しずつ死んでゆく 君の首を絞める夢を何度も見た 僕の罪が消える夢を何度も見た あの雪を汚したのは一体誰だったのか もう 分からなくなってさ チェレンコフ光に包まれながら体が溶けてくのを見てた 溶けていったのはそう 僕らが背負ってる罪だったらいいのにな あの日以前に戻っても きっとやり直せずに (核融合炉にさ 飛び込んでみたい と思う) 真っ白に 記憶 融かされて消える 地下深くにあるゴミ箱に全て投げ捨ててしまいたい 何千年も何万年もそこで朽ち果ててしまえばいい そしたら僕らはこの夜を安心した気持ちで迎えて (核融合炉にさ 飛び込んでみたら また昔みたいに) 眠れるような そんな気がして 時計の秒針やテレビの司会者や 分かったことを言う政治家やその解説者や 君の理解者の振りをする姿の見えない誰かや それを糾弾しようとする何も分かってない傍観者の 笑い声 笑い声が聞こえる 減らない人出 還らない命 絶え間ない祈り 独り 気取り ここで気持ちを 抱え込み アレグロ・アジテート 耳鳴りが消えない 止まない アレグロ・アジテート 耳鳴りが消えない 止まない 誰もみんな消えてく夢を見た 真夜中の 部屋の広さと静寂が 胸につっかえて 上手に 息ができなくなる 核融合炉にさ 飛び込んでみたら そしたら きっと眠るように 消えていけるんだ 僕のいない朝は 今よりずっと 素晴らしくて 全ての歯車が噛み合った きっと そんな世界だ
Favorite
Credit
ミックス・マスタリング
ラップ・歌
Share
Do you like the work?
Get in touch with
渚乃奏/玉谷研太
or create your own now!