主人公の背中を押すように、
Logo

小説『彼の頭の上の顔文字』

Favorite
Credit
ライター
小説家
Behind The Scenes
主人公の背中を押すように、

コロナ禍以降、人の目を見て話す機会が減ったなと思う。メールやチャットで連絡し、会話は通話。ビデオ通話のときも、画面を通して見る顔は、表情はわかるものの直接会ったときのように目が合うことはない。

気持ちを伝え合うことができる優秀なツールは山ほどあるけれど、目の前に相手がいて、目が合って、空気感を共有できる、あの対面でのスムーズな会話に勝るものを私はまだ見つけることができていない。もどかしい。

そんな作者個人の事情はさておき、このお話のヒロイン絵麻はあまりにも便利なツール(特殊能力)を持っているがために、目の前に相手がいてもその顔を見ようとしない。だけどそのツールが失われたら? 相手が何を考えているかわからなくて、もどかしさを感じるかもしれない。でも大丈夫。ほら、前を見て。あなたが気持ちを伝え合いたい相手をよく見てごらん。

そうやって、彼女の背中を押すように紡いだ、そんなお話。

Share
主人公の背中を押すように、

コロナ禍以降、人の目を見て話す機会が減ったなと思う。メールやチャットで連絡し、会話は通話。ビデオ通話のときも、画面を通して見る顔は、表情はわかるものの直接会ったときのように目が合うことはない。

気持ちを伝え合うことができる優秀なツールは山ほどあるけれど、目の前に相手がいて、目が合って、空気感を共有できる、あの対面でのスムーズな会話に勝るものを私はまだ見つけることができていない。もどかしい。

そんな作者個人の事情はさておき、このお話のヒロイン絵麻はあまりにも便利なツール(特殊能力)を持っているがために、目の前に相手がいてもその顔を見ようとしない。だけどそのツールが失われたら? 相手が何を考えているかわからなくて、もどかしさを感じるかもしれない。でも大丈夫。ほら、前を見て。あなたが気持ちを伝え合いたい相手をよく見てごらん。

そうやって、彼女の背中を押すように紡いだ、そんなお話。

Share