world's end girlfriend / RENDERING THE SOUL / MUSIC VIDEO / feat. HATSUNE MIKU 初音ミク
Logo

world's end girlfriend / RENDERING THE SOUL / MUSIC VIDEO / feat. HATSUNE MIKU 初音ミク

Favorite
Credit
3D
CG
デザイン
映像
映像ディレクター
Share
Behind The Scenes

world's end girlfriend / RENDERING THE SOUL / MUSIC VIDEO / feat. HATSUNE MIKU 初音ミク

Spotify, Apple Music, Streaming https://linkco.re/zqAesXDf Bandcamp https://virginbabylonrecords.bandcamp.com/track/rendering-the-soul "J-POP after singularity" On September 6th 2019 World's End Girlfriend will release "RENDERING THE SOUL" as a digital only single, made using VOCALOID(初音ミク HATSUNE MIKU). What kind of music will Artificial Intelligence enjoy after singularity? It must be music that humans cannot understand nor even process. If there is music that human can understand or enjoy, it must be the music that AI imitates and plays as a "cosplay of emotion". AI enjoys the imperfection and irrationality of human beings, and the loneliness, suffering and sorrows that the humans have. This single is produced with that concept in mind. *English subtitles are now available. Please click on 'Subtitles/CC' button.                         『シンギュラリティ後のJ-POP』をテーマに world's end girlfriendがボーカロイド(初音ミク)を使用して作られた 配信シングル「RENDERING THE SOUL」を2019年9月6日にリリース。 シンギュラリティ後にAI自身が楽しむ音楽はどんなものだろう? 人間には理解できない/処理できない音楽になるだろう。 その中で人間が理解できる/面白がれる音楽が在るとしたら 『AIが人間の不完全さや非合理性を面白がり、人間が持つ孤独や苦悩や悲哀などを 「感情のコスプレ」として真似して遊んでる音楽』  かもしれない。 というコンセプト(妄想)で今作は制作された。 ------------------------------------ MUSIC VIDEO Production : 亡霊工房 Bourei Koubou Director : 坂本剛一 Gouichi Sakamoto Art : みっちぇ Miche Dancer : 入手杏奈 Anna Irite Videographer : タカザワカズヒト Kazuhito Takazawa VFX : 大谷一雅 Kazumasa Otani 山中一也 Kazuya Yamanaka 森剛志 Tsuyoshi Mori --------------------------------------------- RENDERING THE SOUL (lyric) 君 の 独り 神 の 語り 涙 は 知らないな 過去 の中で 響いてた ララン ラン ラン ラン… ララン ラン ラン ラン… 白い鳩 [が] 飛んでった 雨の中 [へ] 消えた 虹の端 [にある] 銀の瓶 [に] 罪と罰 [詰めて] 不良宇宙船 [で飛ばす] 夢も全部嘘だと 知った 沈黙の太陽 身体は異無 変化する時 血は流れず 狂う来る星 終りの季節 「僕たち似ているね」 「もう ああすることでしか現実を感じられなかったんだろ?」 声のない世界で 歌って遊んでる 誰も知らない あなたの影踏んで 唄にするよ 涙 は 知らないな 箱 の中で 日々居てた ララン ラン ラン ラン… ララン ラン ラン ラン… Touch me tonight Kiss me tonight もう一度笑って もう一度触って この世界の夜に もう一度歌って もう一度笑って もう一度壊して 殺せないの夜明けに もう一度歌って --------------------------------------------- ライブ情報: world’s end girlfriendが個人的でシンプルな欲望によって 主催/企画された無料or価格自由イベント「I WANT」が 2019年11月2日(土) 渋谷WWWにて開催決定。 出演は world’s end girlfriend, CRZKNY, mizuirono_inu, Kazuki Koga, Ema Yuasa, world’s end girlfriendは喜怒哀楽のその先にある音楽を爆音演奏し、 CRZKNYは電子音~テクノ~ジューク~ガバ等の境界を低音と共に悠々と越え、 mizuirono_inuはアホさとエモさ、下品さと切実さの新たなカオスを響かせ、 Kazuki Kogaは圧倒的なフィジカルさと伴った超自然的電子音楽を鳴らし、 Ema Yuasaはwegによって制作・エディットされた音楽に合わせ深淵のダンスをみせる。 会場:渋谷WWW 開場 16:30 開演 17:00 チケット:無料 or 価格自由 peatixから1000円から10000円まで選べる価格自由チケット(発売中)。 チケットinfo: https://iwant2019.peatix.com/  *1ドリンク代別。 *当日無料でも入場できますが、規定人数に達した場合は入場締切になりますので 確実に入場したい方はpeatixにて電子チケットを確保ください。 *チケット価格違いによる特典などは全くございません。 .
Favorite
Credit
3D
CG
デザイン
映像
映像ディレクター
Share
Do you like the work?
Get in touch with
モリツヨシ
or create your own now!