発信し続けることで夢を掴む。パデル日本1位『富田一輝』の挑戦|だんな|note

▲写真:Shunsuke Hirano 1974年にスペインで誕生した「パデル」が、日本へ上陸したのは2013年のことだ。世界的に見れば、競技人口は1,200万人を超え、新興スポーツの中では勢いのあるスポーツといえるだろう。しかし、日本国内の競技人口は、1万5,000人とまだ少ない。 そんなパデルを日本でもっと広めるべく、世界へ飛び立つ男がいる。彼の名前は、富田一輝。パデル歴は2年とまだ浅いものの、瞬く間に日本ランク一位を手にした期待のルーキーだ。 彼は2019年の冬からスペインへ渡り、現地のプロリーグへ挑戦する。数年前までは、会社員だった彼が、なぜプロスポーツ選手として世
Favorite
Credit
インタビューワー
ライター
ライター 編集
編集
Share