Logo

茂みにて

Favorite
Credit
Illustrator
Artist
Share
Behind The Scenes
身近な「野生」

約2年前に体調を崩し、めまいに悩まされるようになってから、遠出ができなくなりました。

現在、自宅で制作作業等仕事は問題なく出来るようになったのですが、大好きだった山や森や雑木林に行けない日々が続いています。「自然観察から生まれた作品」内でも書いていますが、実際にフィールドへ出て散策したり、観察したりということが仕事にも繋がっていたわたしとしては、その他家族の病気等も重なり、今までのやりかたから軌道修正を考えざるを得なくなりました。

そんな中、たまたま自宅周辺が木が生い茂った環境であるということで、体力向上も兼ねて散策をしているうちに、子供の頃から遊び場で当たり前のように思っていたこの環境こそ自分の原点のひとつであり、また街中でよく見かけるカラスやスズメやムクドリなどの知っているようで知らない一面を発見するにつけ、ちゃんとまだまだ「見て」いなかった自分に気がつきました。

この1年くらいから、人家周辺でも見かける鳥や生き物にだんだんウエイトを置いて作品制作をするようになっています。

この「茂みにて」も散策中に、茂みの中から顔を出したり引っ込めたり、ちょんちょんと歩き回るスズメたちからヒントを得て出来た作品です。きのこも実際に散策中によく見かけるテングタケダマシ(左側茶色のきのこ)とニオイコベニタケ(右側紅色のきのこ)を描きました。テングタケダマシの周囲に生えているのは実はアケビです。もっと山の方に生息しているものだとばかり思っていたわたしにとっては新たな発見になりました。もしかしたら、気がついていないだけで、さらにいろいろな発見があるのかもしれません。

身近な生き物の魅力をうまく伝えることが出来ればと思っています。

Share
身近な「野生」

約2年前に体調を崩し、めまいに悩まされるようになってから、遠出ができなくなりました。

現在、自宅で制作作業等仕事は問題なく出来るようになったのですが、大好きだった山や森や雑木林に行けない日々が続いています。「自然観察から生まれた作品」内でも書いていますが、実際にフィールドへ出て散策したり、観察したりということが仕事にも繋がっていたわたしとしては、その他家族の病気等も重なり、今までのやりかたから軌道修正を考えざるを得なくなりました。

そんな中、たまたま自宅周辺が木が生い茂った環境であるということで、体力向上も兼ねて散策をしているうちに、子供の頃から遊び場で当たり前のように思っていたこの環境こそ自分の原点のひとつであり、また街中でよく見かけるカラスやスズメやムクドリなどの知っているようで知らない一面を発見するにつけ、ちゃんとまだまだ「見て」いなかった自分に気がつきました。

この1年くらいから、人家周辺でも見かける鳥や生き物にだんだんウエイトを置いて作品制作をするようになっています。

この「茂みにて」も散策中に、茂みの中から顔を出したり引っ込めたり、ちょんちょんと歩き回るスズメたちからヒントを得て出来た作品です。きのこも実際に散策中によく見かけるテングタケダマシ(左側茶色のきのこ)とニオイコベニタケ(右側紅色のきのこ)を描きました。テングタケダマシの周囲に生えているのは実はアケビです。もっと山の方に生息しているものだとばかり思っていたわたしにとっては新たな発見になりました。もしかしたら、気がついていないだけで、さらにいろいろな発見があるのかもしれません。

身近な生き物の魅力をうまく伝えることが出来ればと思っています。

Share
Feedback / Inquiry