【Webデザイン制作】架空コスメブランドのブランディングサイト
Logo

【Webデザイン制作】架空コスメブランドのブランディングサイト

Favorite
Credit
Webデザイナー
エンゲージメントエンジニア
フロントエンジニア
モチベーションエンジニア
【Webデザイン制作】架空コスメブランドのブランディングサイト-1
Share
Behind The Scenes
【Webデザイン制作】架空コスメブランドのブランディングサイト-1

【Webデザイン制作】架空コスメブランドのブランディングサイト

下記は「架空コスメブランドのブランディングサイト」のWebデザインにおける説明です。 1:Webサイトの目的 架空コスメブランドの世界観や商品の魅力を伝え、問い合わせや購入につなげる。 2:ターゲット像 主に30代〜40代の女性・男性。 美容ブランドに関して比較的感性も高め。 「モダン」で「大人っぽく」「デザイン性は高めで落ち着いたもの」 3:キーワード 清潔な・気品のある 4:デザインコンセプト ボタニカル(植物由来成分)の力でキャリアウーマン(サラリーマン)に肌からみなぎる輝かしい自信を提供して「自分らしさ」を引き出す。 5:ファーストビューのポイント ファーストビュー(WEBデザイン全体)のポイントは「透明感・清潔感」「落ち着き」の2点。 「透明感・清潔感」:画像に白色のオーバレイをかけることで「透明感」、そこから連想することができる「清潔感」を表現。 「落ち着き」:ベースカラーを「白(7割)・黒(2割)・グレー(1割)」(モノトーン)にすることで色による「落ち着き」を表現。 6:フォントの意図 文字に装飾があるフォントで日本語では「YuMincho」・英語は「Noto Serif(英語)」にすることで「高級感(気品の高さ)」を表現している。 そして高級感からは「大人っぽい女性や男性」が連想されるため、ターゲットの1つである美容ブランドに関して比較的感性も高めな30〜40代のキャリアウーマン(サラリーマン)に対して訴求できるフォントになっている。 7:配色の意図 配色の意図は「透明感・清潔感」「落ち着き」の2点を表現するために主カラーに「白・黒」を用いる。 サブカラーを商品セクションの背景色として使うことで、商品カラーの「白色」を際立たせることでより「透明感・清潔感」をユーザーに連想させることができる。 また、全体的な配色をモノトーンにすることで「Feature」セクションの各成分である花等のカラー写真を目立たせる事ができる。これにより、他のセクションとは「配色」の差別化ができており、ユーザーの目を惹きつける事ができる。
Favorite
Credit
Webデザイナー
エンゲージメントエンジニア
フロントエンジニア
モチベーションエンジニア
Share
Do you like the work?
Get in touch with
Takaki
or create your own now!