WebデザインのオンラインスクールDeLife企画のデザインコンペに提出した作品
Logo

WebデザインのオンラインスクールDeLife企画のデザインコンペに提出した作品

Favorite
Credit
Web制作
デザイナー
WebデザインのオンラインスクールDeLife企画のデザインコンペに提出した作品-1
Share
Behind The Scenes
This portfolio is made by foriio
WebデザインのオンラインスクールDeLife企画のデザインコンペに提出した作品-1

WebデザインのオンラインスクールDeLife企画のデザインコンペに提出した作品

1 Webサイトの目的 ・KabukK Styleのブランディング確立(しっかりした会社になってきたと伝えたい) ・投資家、BtoB向けに情報を発信したい(国内海外両方)  ※シンガポールの投資会社や韓国の旅行代理店などから連絡が来るくらいのイメージ  →グローバルに展開していく ・採用情報発信の強化(国内海外両方)  ※ユーザーはハフ経由で訪れる可能性はあるけどハフユーザーはターゲットではない 2 ターゲット像 企業・事業提携に関心のある会社(国内海外両方)  ※特に宿泊・交通事業関係者(事業提携目的) ・エンジニアとして採用されたい人(採用)  →上記にこだわりすぎず、グローバルにも対応できるようなオシャレだけど信頼できるサ  イトを希望(あまりTHEコーポレートサイトのような固いデザインは好まない) 3 キーワード おしゃれ 信頼 グローバル 紳士 スマート 洗練 シンプル ミステリアス 4 デザインコンセプト 信頼のもてる会社であることを伝え、様々な会社と事業提携を結び、さらに会社を大きくしていけるようにする。 固いサイトではなくおしゃれで謎があるようなデザインとする。 5 ファーストビューのポイント 国内海外両方に向けて発信していくため、写真で日本人だけでなく外国人の写っている写真としてグローバルをイメージできるようにした。キャッチコピーでは写真と重なる部分の視認性が悪くなってしまうため、色を変えて視認性をあげた。白を使用したのは視認性を上げるためだけでなく、”何色にも染まれるけど何色でもない”というイメージのもと、白を使用して多様な生き方で何色にも染められるという意味を込めて白を使用した。 6 フォントの意図 欧文:Helvetica Neue ハフの英文フォントで使用しているため、このフォントに合うものと指定。このフォントは視認性、可読性のあるフォントであり、今回のデザインコンセプトから変更する必要性がないと考えられるため同じHelvetica Neueを使用。 和文:Noto Sans 指定のもの。視認性、可読性に優れていて、ヒラギノ角ゴシックよりもフォントウェイトの幅が大きくあり、魅せ方の幅が広がると考え、こちらを使用。 7 配色の意図 ”何色にも染まれるけど何色でもない”というコンセプトからベースカラーは白を使用。 デザインのすり合わせから、カラフルよりもシンプル希望で白、黒、グレーが良いとのことで合ったためメインカラーをグレーとした。何色にも染まれる色というコンセプトにも合う。 コーポレートサイトで信頼感を出すことも必要なためブルーを使用。ブルーの中でも彩度の低いものを使用して大人っぽさも出るようにした。 フォントカラーは真っ黒だと浮いてしまうことがあるためブルーよりの黒としてサイト全体に統一感が出るようにした。 8 その他工夫した点 NEWSセクション:タイトルの下線部分を線ではなくドットを使用して、シンプルだけどおしゃれを意識した。カラーもグレーを使用して目立ちすぎないようにした。 ABOUTセクション:KabuK Styleさんのモットーである”カブいた生き方”の説明となる部分のため、楽しく働いている様子の写真を使用。さらにコーポレートキャラのイカを食べているペンギンを配置して”人とは違う粋な人生を送るカブいた生き方”を象徴するようにした。 SERVICEセクション:ハフの事業紹介。文章だけでなくモックアップを配置してどんな事業なのかをイメージできるようにした。装飾は使用せずシンプルで読みやすくを重視。 MESSAGEセクション:文章が長いため、大きく二つの文章に分けてタイトルとなる部分のカラーとフォントサイズを変えて読みやすくなるようにした。文章の文字間、行間を調節して読みやすくなるよう意識した。 コーポレートキャラがペンギンなのはファーストペンギンを意識していると感じ他ので、新しい事業(ハフ)のお話の部分にペンギンを配置した。ペンギンから吹き出しがでているようなデザインとして、この事業のファーストペンギンのお二人ということを表現した。 RECRUITセクション:どのような人たちが働いているのかが応募者は気になると思うので、社員さんの写真を配置。さらに写真と重なるように文章を配置して他のセクションとの差別化を行ない、視認性が上がるようにした。 COMPANYセクション:視線の導線を短くするため横幅は狭く、上からさらっと読み進められるようなシンプルなデザインとした。役員紹介では役職ごとにボーダーラインの色を変えて差別化をした。取締役や監査役の文字は左上に記載してテキストの部分がごちゃごちゃしないようにした。SNSはアイコンで表現してスッキリ見せるようにした。 CONTACTセクション:写真はファーストビューと似ている写真を使用してサイトに統一感が出るようにした。お問い合わせを増やしたい(投資家や事業者から)との想いがあるため他のセクションよりも目立つようデザインした。今までは白地に黒であったが、今回は黒地に白とした。さらにカブくという他とは違うといったものも表現したいと思い、このようなデザインとした。
Favorite
Credit
Web制作
デザイナー
Share
Do you like this work?
Stay up-to-date with
高野
's creations
or add your own work now!