【企画】ヘキサギア ミニチュアゲーム
Logo

【企画】ヘキサギア ミニチュアゲーム

Favorite
Credit
【企画】ヘキサギア ミニチュアゲーム
プラモ愛が高まりすぎたゲーマー、遂にリアルで戦闘開始する→大量の資金を遣い、コトブキヤ社員を巻き込んで自作ミニチュアゲームで決戦【写真あり】
いま模型界隈で一際注目を集めるメーカーがある。『アーマード・コア』や『スーパーロボット大戦スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』などのプラモデルを手掛けるコトブキヤだ。同社はフィギュアからアニメグッズまで様々な商品を手掛けているが、特に最近話題なのは『フレームアームズ・ガール』だろう。同シリーズはロボットプラモデル『フレームアームズ』を擬人化した美少女プラモデルで、2017年4月にはTVアニメ化を果たし、多くの各模型取扱店で関連商品の完売が相次いだ。そんなコトブキヤが『ヘキサギア』という新シリーズを2017年8月にリリースした。コトブキヤのプラモデルはカスタマイズ性が異様に高いが、『ヘキサギア』は“スクラップ&ビルド”をコンセプトにしており、ブロックトイとしても高い完成度を誇っている。具体的には、パーツ+パーツ=ブロック、ブロック+ブロック=フレーム、フレーム+フレーム=素体、素体+装甲&武器=機体という階層に分かれており、構築は六角型の汎用ジョイント群で構成。これにより、自由度の高いカスタマイズを無改造で楽しむことができるのだ。本稿は、そんな『ヘキサギア』を使って、アナログゲームの一種である“ミニチュアゲーム”をプレイしてみようという、ちょっと風変わりな企画である。
https://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/170929
Share
Behind The Scenes
【企画】ヘキサギア ミニチュアゲーム
プラモ愛が高まりすぎたゲーマー、遂にリアルで戦闘開始する→大量の資金を遣い、コトブキヤ社員を巻き込んで自作ミニチュアゲームで決戦【写真あり】
いま模型界隈で一際注目を集めるメーカーがある。『アーマード・コア』や『スーパーロボット大戦スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』などのプラモデルを手掛けるコトブキヤだ。同社はフィギュアからアニメグッズまで様々な商品を手掛けているが、特に最近話題なのは『フレームアームズ・ガール』だろう。同シリーズはロボットプラモデル『フレームアームズ』を擬人化した美少女プラモデルで、2017年4月にはTVアニメ化を果たし、多くの各模型取扱店で関連商品の完売が相次いだ。そんなコトブキヤが『ヘキサギア』という新シリーズを2017年8月にリリースした。コトブキヤのプラモデルはカスタマイズ性が異様に高いが、『ヘキサギア』は“スクラップ&ビルド”をコンセプトにしており、ブロックトイとしても高い完成度を誇っている。具体的には、パーツ+パーツ=ブロック、ブロック+ブロック=フレーム、フレーム+フレーム=素体、素体+装甲&武器=機体という階層に分かれており、構築は六角型の汎用ジョイント群で構成。これにより、自由度の高いカスタマイズを無改造で楽しむことができるのだ。本稿は、そんな『ヘキサギア』を使って、アナログゲームの一種である“ミニチュアゲーム”をプレイしてみようという、ちょっと風変わりな企画である。
https://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/170929

【企画】ヘキサギア ミニチュアゲーム

いま模型界隈で一際注目を集めるメーカーがある。『アーマード・コア』や『スーパーロボット大戦スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』などのプラモデルを手掛けるコトブキヤだ。同社はフィギュアからアニメグッズまで様々な商品を手掛けているが、特に最近話題なのは『フレームアームズ・ガール』だろう。同シリーズはロボットプラモデル『フレームアームズ』を擬人化した美少女プラモデルで、2017年4月にはTVアニメ化を果たし、多くの各模型取扱店で関連商品の完売が相次いだ。そんなコトブキヤが『ヘキサギア』という新シリーズを2017年8月にリリースした。コトブキヤのプラモデルはカスタマイズ性が異様に高いが、『ヘキサギア』は“スクラップ&ビルド”をコンセプトにしており、ブロックトイとしても高い完成度を誇っている。具体的には、パーツ+パーツ=ブロック、ブロック+ブロック=フレーム、フレーム+フレーム=素体、素体+装甲&武器=機体という階層に分かれており、構築は六角型の汎用ジョイント群で構成。これにより、自由度の高いカスタマイズを無改造で楽しむことができるのだ。本稿は、そんな『ヘキサギア』を使って、アナログゲームの一種である“ミニチュアゲーム”をプレイしてみようという、ちょっと風変わりな企画である。
Favorite
Credit
Share
Do you like the work?
Get in touch with
クリモトコウダイ
or create your own now!