寄稿「『スプラトゥーン2』フェス参戦レポート」(フレッツ光ナビ)
Logo

寄稿「『スプラトゥーン2』フェス参戦レポート」(フレッツ光ナビ)

Favorite
Credit
ライター
寄稿「『スプラトゥーン2』フェス参戦レポート」(フレッツ光ナビ)
因縁の対決!『スプラトゥーン2』のフェス「きのこvsたけのこ」に参戦してみた - わたしのネット
夏真っ盛りの8月中旬。甲子園では白熱した試合が日々繰り広げられていた一方、イカの世界では、2年ぶりとなる因縁の対決が実現。2つの陣営がアツく火花を散らしていた。──そう、スプラトゥーン界における、第二次きのこたけのこ戦争である。そもそも『スプラトゥーン』のフェスって?ゲームを未プレイの人のなかにも、「フェス」の噂を聞き及んでいる人は多いかもしれない。Wii Uの『スプラトゥーン』時代からインターネット上で話題になり、Nintendo Switchの『スプラトゥーン2』でも引き続き開催されている、ゲーム中の一大イベント。それが「フェス」だ。「フェス」は、プレイヤーが2つの陣営に分かれて戦うイベント。ゲーム内ではリアルの音楽フェスさながらに、ライブのようなお祭りのような、楽しげな雰囲気で街が彩られる。しかし同時に、ネット上ではアツい論戦(という名のお祭り騒ぎ)が繰り広げられることも少なくない。というのも、フェスで出される「お題」として、しばしば争いを煽るよう(ネット的に盛り上がりそう)なテーマが設定されることがあるのだ。「アクションvsコメディ」「花vs団子」「山の幸vs海の幸」といったお題で各陣営に分かれて戦い、最後には「まあ好みはいろいろだよね!」とにこやかに着地するのが、基本的なフェスのイメージ。たびたび行われる企業コラボの際にも、「ツナマヨネーズvs紅しゃけ(セブン-イレブン)」「ポテトvsナゲット(マクドナルド)」「アウターvsインナー(ユニクロ)」など、まあ「わかる」お題が多い気がする。ところがどっこい。『スプラトゥーン2』では第1回フェスから「マヨネーズvsケチャップ」という、マヨラーとケチャラーの仁義なき戦いが繰り広げられる展開になった。第4回では何かと(ネタ的に)議論に挙がる「レモンかけるvsかけない」が争われるなど、いろいろな意味で「アツい」戦いが続いていたようにも見える。
https://flets.hikakunet.jp/news/24295.html
Share
Behind The Scenes
寄稿「『スプラトゥーン2』フェス参戦レポート」(フレッツ光ナビ)
因縁の対決!『スプラトゥーン2』のフェス「きのこvsたけのこ」に参戦してみた - わたしのネット
夏真っ盛りの8月中旬。甲子園では白熱した試合が日々繰り広げられていた一方、イカの世界では、2年ぶりとなる因縁の対決が実現。2つの陣営がアツく火花を散らしていた。──そう、スプラトゥーン界における、第二次きのこたけのこ戦争である。そもそも『スプラトゥーン』のフェスって?ゲームを未プレイの人のなかにも、「フェス」の噂を聞き及んでいる人は多いかもしれない。Wii Uの『スプラトゥーン』時代からインターネット上で話題になり、Nintendo Switchの『スプラトゥーン2』でも引き続き開催されている、ゲーム中の一大イベント。それが「フェス」だ。「フェス」は、プレイヤーが2つの陣営に分かれて戦うイベント。ゲーム内ではリアルの音楽フェスさながらに、ライブのようなお祭りのような、楽しげな雰囲気で街が彩られる。しかし同時に、ネット上ではアツい論戦(という名のお祭り騒ぎ)が繰り広げられることも少なくない。というのも、フェスで出される「お題」として、しばしば争いを煽るよう(ネット的に盛り上がりそう)なテーマが設定されることがあるのだ。「アクションvsコメディ」「花vs団子」「山の幸vs海の幸」といったお題で各陣営に分かれて戦い、最後には「まあ好みはいろいろだよね!」とにこやかに着地するのが、基本的なフェスのイメージ。たびたび行われる企業コラボの際にも、「ツナマヨネーズvs紅しゃけ(セブン-イレブン)」「ポテトvsナゲット(マクドナルド)」「アウターvsインナー(ユニクロ)」など、まあ「わかる」お題が多い気がする。ところがどっこい。『スプラトゥーン2』では第1回フェスから「マヨネーズvsケチャップ」という、マヨラーとケチャラーの仁義なき戦いが繰り広げられる展開になった。第4回では何かと(ネタ的に)議論に挙がる「レモンかけるvsかけない」が争われるなど、いろいろな意味で「アツい」戦いが続いていたようにも見える。
https://flets.hikakunet.jp/news/24295.html

寄稿「『スプラトゥーン2』フェス参戦レポート」(フレッツ光ナビ)

『フレッツ光ナビ』サイト内コンテンツとして、記事を書きました。
Favorite
Credit
ライター
Share
Do you like the work?
Get in touch with
けいろー
or create your own now!