山全体を資源と捉えれば、 そこには多様な可能性が広がる