短編小説『最後の手紙』|たなかしげお|note
Logo

短編小説『最後の手紙』|たなかしげお|note

第1幕 或る、春の日  人生の痛みを抱えながらも、なんとかまともに生きている中年サラリーマンと、現代社会に生き辛さを感じ、苦悩する若い女性との偶然の出会い。『新しい君へ、これがささやかなアドバイス』。大人の淡い時間が流れるラブストーリー。 第2幕 最後の手紙  舞台はコ口ナ禍が始まった11年後の2031年冬。小説「或る、春の日」には隠された真実があった。 旧友を辿る先に見た、美しくも儚い追憶の日々とは? 『時を重ねて、私たちは大人になった』。切なくも滑稽なヒューマンストーリー。 第3幕 天空対談  まさかの対面!?  これは夢か幻か!?  奇想天外な妄想ワールド全開
Favorite
Credit
イラスト
イラストレーター
イラスト作成
Share
Do you like the work?
Get in touch with
NEO
or create your own now!