2021/12/20『めぐる、』第8号
Logo

2021/12/20『めぐる、』第8号

Favorite
Credit
インタヴュアー/ライター/コピーライター
bg2021/12/20『めぐる、』第8号
めぐる、8号【特集】わたしのつくる徳島の味 | めぐる、ウェブショップ powered by BASE
【特集】わたしのつくる徳島の味今、徳島の食卓ではどんな料理がつくられているでしょうか。「一見すると、テーブルに並ぶのは日本中のどこの食卓でも代わり映えがない料理かもしれない。しかし、実は徳島ならではのひと皿が潜んでいたりするのではないか?」そんなふうに思い浮かんだことから、徳島の昔からの食を探り始めました。昔に比べて流通が格段に良くなり、手に入らないものはほぼなくなった現代。食の均一化が進んでも、徳島で長年過ごすと地に根付いた食材や料理がいつまでも味覚になじんで離れないような気がするのです。例えば、外国で生まれても徳島で暮らす中で、生まれた国と徳島の素材や調理法が合体したような料理が生まれていたり。それこそがきっと、からだに刻み込まれた「徳島の味」なのだと思います。たくさんの方々が「自信がつくる徳島の味」を体現した今号の特集。あなたが思う徳島の味を考えながら、読んでいただけるとうれしいです。10 おひさまとかまどの味14 山暮らしに溶け込む石(いわ)のような豆腐22 鳴門の漁師町で地元食を調査26 徳島のあちこちのお雑煮ばなし28 「くみざかな」約半世紀ぶりに蘇ったハレの日の料理34 徳島からのごちそう便36 昔のおやつを現代につなぐ40 産直市でみつけたふるさとの甘味42 おばあちゃんから教わったお寿司50 ずっと愛されてきた普段着の一品54 初徳島のゲストには案内しないとっておき56 元公邸料理人が創る、新しい徳島の味 60 旬の味をカクテルにのせて62 唐辛子から、辛くてうまい美馬を創る66 ワタシが徳島で作る一品73 わたしの一生モノ74 コウノトリが選んだ地は、レンコン畑だった78 むぎのじかん83 つくる、ひとの暮らし86 再々来来(さいさいきいきい)88 食を生業にする人のおもいでごはん90 下車して、たべる阿南駅編92 現代に残る四国遍路の霊験記不思議の国の昔ばなし94 Made in Local.一五三のリズム96 ヨシノガワジャーニー99 自然の中で映える本。100 四国の一番小さな町で受け継がれてきた「上勝阿波晩茶」のはなし。102 名酒場めぐりくつろぎの個室
https://meguru2020.thebase.in/items/56881907
Share
Behind The Scenes
bg2021/12/20『めぐる、』第8号
めぐる、8号【特集】わたしのつくる徳島の味 | めぐる、ウェブショップ powered by BASE
【特集】わたしのつくる徳島の味今、徳島の食卓ではどんな料理がつくられているでしょうか。「一見すると、テーブルに並ぶのは日本中のどこの食卓でも代わり映えがない料理かもしれない。しかし、実は徳島ならではのひと皿が潜んでいたりするのではないか?」そんなふうに思い浮かんだことから、徳島の昔からの食を探り始めました。昔に比べて流通が格段に良くなり、手に入らないものはほぼなくなった現代。食の均一化が進んでも、徳島で長年過ごすと地に根付いた食材や料理がいつまでも味覚になじんで離れないような気がするのです。例えば、外国で生まれても徳島で暮らす中で、生まれた国と徳島の素材や調理法が合体したような料理が生まれていたり。それこそがきっと、からだに刻み込まれた「徳島の味」なのだと思います。たくさんの方々が「自信がつくる徳島の味」を体現した今号の特集。あなたが思う徳島の味を考えながら、読んでいただけるとうれしいです。10 おひさまとかまどの味14 山暮らしに溶け込む石(いわ)のような豆腐22 鳴門の漁師町で地元食を調査26 徳島のあちこちのお雑煮ばなし28 「くみざかな」約半世紀ぶりに蘇ったハレの日の料理34 徳島からのごちそう便36 昔のおやつを現代につなぐ40 産直市でみつけたふるさとの甘味42 おばあちゃんから教わったお寿司50 ずっと愛されてきた普段着の一品54 初徳島のゲストには案内しないとっておき56 元公邸料理人が創る、新しい徳島の味 60 旬の味をカクテルにのせて62 唐辛子から、辛くてうまい美馬を創る66 ワタシが徳島で作る一品73 わたしの一生モノ74 コウノトリが選んだ地は、レンコン畑だった78 むぎのじかん83 つくる、ひとの暮らし86 再々来来(さいさいきいきい)88 食を生業にする人のおもいでごはん90 下車して、たべる阿南駅編92 現代に残る四国遍路の霊験記不思議の国の昔ばなし94 Made in Local.一五三のリズム96 ヨシノガワジャーニー99 自然の中で映える本。100 四国の一番小さな町で受け継がれてきた「上勝阿波晩茶」のはなし。102 名酒場めぐりくつろぎの個室
https://meguru2020.thebase.in/items/56881907

2021/12/20『めぐる、』第8号

【特集】わたしのつくる徳島の味今、徳島の食卓ではどんな料理がつくられているでしょうか。「一見すると、テーブルに並ぶのは日本中のどこの食卓でも代わり映えがない料理かもしれない。しかし、実は徳島ならではのひと皿が潜んでいたりするのではないか?」そんなふうに思い浮かんだことから、徳島の昔からの食を探り始めました。昔に比べて流通が格段に良くなり、手に入らないものはほぼなくなった現代。食の均一化が進んでも、徳島で長年過ごすと地に根付いた食材や料理がいつまでも味覚になじんで離れないような気がするのです。例えば、外国で生まれても徳島で暮らす中で、生まれた国と徳島の素材や調理法が合体したような料理が生まれていたり。それこそがきっと、からだに刻み込まれた「徳島の味」なのだと思います。たくさんの方々が「自信がつくる徳島の味」を体現した今号の特集。あなたが思う徳島の味を考えながら、読んでいただけるとうれしいです。10 おひさまとかまどの味14 山暮らしに溶け込む石(いわ)のような豆腐22 鳴門の漁師町で地元食を調査26 徳島のあちこちのお雑煮ばなし28 「くみざかな」約半世紀ぶりに蘇ったハレの日の料理34 徳島からのごちそう便36 昔のおやつを現代につなぐ40 産直市でみつけたふるさとの甘味42 おばあちゃんから教わったお寿司50 ずっと愛されてきた普段着の一品54 初徳島のゲストには案内しないとっておき56 元公邸料理人が創る、新しい徳島の味 60 旬の味をカクテルにのせて62 唐辛子から、辛くてうまい美馬を創る66 ワタシが徳島で作る一品73 わたしの一生モノ74 コウノトリが選んだ地は、レンコン畑だった78 むぎのじかん83 つくる、ひとの暮らし86 再々来来(さいさいきいきい)88 食を生業にする人のおもいでごはん90 下車して、たべる阿南駅編92 現代に残る四国遍路の霊験記不思議の国の昔ばなし94 Made in Local.一五三のリズム96 ヨシノガワジャーニー99 自然の中で映える本。100 四国の一番小さな町で受け継がれてきた「上勝阿波晩茶」のはなし。102 名酒場めぐりくつろぎの個室
Favorite
Credit
インタヴュアー/ライター/コピーライター
Share
Do you like the work?
Get in touch with
重藤
or create your own now!