ギャグ漫画家・藤岡拓太郎が語る、絵本の“笑い”と“かわいさ” 「誰にでも分かる言葉で、誰よりも笑えるものを描きたい」
Logo

ギャグ漫画家・藤岡拓太郎が語る、絵本の“笑い”と“かわいさ” 「誰にでも分かる言葉で、誰よりも笑えるものを描きたい」

SNSの1ページ漫画などで注目を集める、ギャグ漫画家の藤岡拓太郎氏が4月に196ページの絵本『ぞうのマメパオ』(ナナロク社)を上梓した。同作は小さな女の子・ジュンちゃんと、小さな象・マメパオの物語。ある冬の日に、たまごのおつかいを頼まれたジュンちゃんは、その道中で迷い子らしきマメパオに出会った。ジュン…(1/2)
Favorite
Credit
Share
Do you like the work?
Get in touch with
Junya
or create your own now!