“ビジネスをより面白くドライブさせてくれるアートの存在” スマイルズ代表 遠山正道が手がける新事業 「The Chain Museum/ArtSticker」とは?|ILUCA magazine
Logo

“ビジネスをより面白くドライブさせてくれるアートの存在” スマイルズ代表 遠山正道が手がける新事業 「The Chain Museum/ArtSticker」とは?|ILUCA magazine

Favorite
Credit
Interview
Writing
bg“ビジネスをより面白くドライブさせてくれるアートの存在” スマイルズ代表 遠山正道が手がける新事業 「The Chain Museum/ArtSticker」とは?|ILUCA magazine
“ビジネスをより面白くドライブさせてくれるアートの存在” スマイルズ代表 遠山正道が手がける新事業 「The Chain Museum/ArtSticker」とは?|ILUCA magazine
Soup Stock Tokyoの創業者であり、ネクタイブランドのgiraffe、セレクトリサイクルショップのPASS THE BATON、ファミリーレストラン100本のスプーン、二階のサンドイッチなどの多彩な事業を展開する株式会社スマイルズの遠山正道社長。多彩で多方面な事業は、それこそ挙げていくとキリがない。出資・インキュベートまでさまざまな事業やサービスを手がけるスマイルズ代表の遠山氏は、アートの新事業として「The Chain Museum」(ザ・チェーン・ミュージアム)を立ち上げるとともに、アーティスト支援アプリ「ArtSticker 」(アートスティッカー)をリリースした。 スマイルズが作家となり、ミュージアムをつくる ——今回、スマイルズ代表の遠山さんはThe Chain Museumを発足されましたが、遠山さんは現代アートのコレクターでアートに対する造形が深いことで知られています。アートの新事業を立ち上げるキッカケはなんだったのでしょうか? 「ビジネスというのは四コマ漫画のように入口と出口が設定されていて、そこには必ずオチがあるものです。しかしアートは、例えばたった一枚の絵ですべての価値がそこに存在しています。私たちは、ビジネスにおいて“そこにある価値とは一体何なのか?”と立ち返り考えました。その価値を探るために、スマイルズ自らが作家になって作品を発表したのが一つのキッカケです」 スマイルズは「作家」として、2015年大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ、2016年瀬戸内国際芸術祭に「作品」を出展している。スマイルズ独自の視点が生んだユニークな作品を通して、遠山さんはアートとビジネスの掛け合わせの面白さを感じたという。 ——作品を発表してみていかがでしたか。 「芸術祭では、その期間が終わると多くの作品は撤収して廃棄してしまいます。人件費もかかるわけで、若い作家はもちろん著名な作家でもよほどの資金や資源がなければ赤字になってしまうのが現状。ビジネスは、自立していないと継続できません。2015年の大地の芸術祭が終わった後、ビジネスのように継続できる作品をつくろうと考えました」 そこで生まれたのが2016年瀬戸内国際芸術祭での「檸檬ホテル」という事業体としての作品だった。遠山さんは、スマイルズが培ってきたビジネスのノウハウを生かし、継続を目的として「自立」をテーマに作品づくりを行った。その檸檬ホテルは3年目の現在、黒字経営を保っているという。限定的なものではなく、着実に歩みを進める「作品」。 そして、スマイルズの作家としてのコンテクストは「ビジネス」だと遠山さんは確信する。 スマイルズの作家活動から生まれたユニークピース ——芸術祭を経てThe Chain Museumの構想が徐々に生まれていったと? 「スマイルズの作家としてのコンテクストはやはり“ビジネス”だと、檸檬ホテルをつくり再認識しました。次に何をやろうかと考えたとき、ふと“チェーン店”と“アート”というキーワードが浮かんで。私たちはSoup Stock Tokyoというチェーン店を展開していますが、チェーン店とアートはふつう、相容れないモノでしょう。だからこそ面白いものができる、少なくともアート側からは出てこない発想だろうと直感しました。“The Chain Museum”という言葉から着想したのです」 ——はじめは、言葉からだったのですね。 「また、私たちはいくつかの小さな事業を手がけていますが、小さいからこそユニークネスが担保できて、遠くまで響くと実感できます。その経験を踏襲して小さなミュージアムというユニークピースを、芸術祭のように鑑賞者がツーリズムのように巡ることができる場を日常につくりたいと考えました。既存のミュージアムの小型版をやっても意味がないので、むしろそこではできないような“部分特異的”な表現をしていきたいなと」 現在スマイルズの出資するベンチャー事業はいずれも小規模のもの。事業が大きいとリスクばかりで内容がつまらないものになってしまうが、一冊の本を売る書店「森岡書店」や新宿一丁目の「Bar Toilet」など、小さいからこそリスクが少なく、その分思い切ったことができるという。 そして、The Chain Museumをつくるキッカケとしてもう一つ、遠山さんがアートに対して大きく影響を受けたのが、スイスのバーゼルで毎年開催されている世界最大のアートフェア「アート・バーゼルバーゼル」だ。 「一昨年、バーゼルへ行ったとき、高額なアートを目の前にして一種の疎外感を感じました。その直後に、ロンドンに住む娘と会って話したときに「なぜアートをコレクションするの?」と何度も聞かれて。その問いに向き合っていくうちに「実は、コレクションよりも自分でつくりたくなってきた」と話したんです。すると娘は「ああ、それならわかる」って。そういうやりとりがあって、帰国して、The Chain Museumの構想を具体的にイメージしていきました」 ——そうしてPARTYと共同で運営をすることに? 「去年のバレンタインデーに、PARTY代表・伊藤直樹にThe Chain Museumをやりたいと話して。スマホを持って巡るミュージアムのイメージを具体化していきました。レストランで最後はふたりで握手して写真を撮りましたね(笑)」 ツーリズムのようにアートをたのしむミュージアム ——The Chain Museumの具体的な内容をお聞かせいただけますか。 「The Chain Museumの一つ、佐賀県の唐津市では須田悦弘さんの「雑草」と名付けられた作品を巡ることができます。自然電力のグループが自治体や地域の金融機関との連携の元、開発から完工まで手がけた「唐津市湊風力発電所」があるのですが、この風力発電所の風車の上の小さなナットに作品が生えていて、眼下には唐津湾が広がっています。ふだんは見ることができないのですが、「見えないものを、目を凝らして見ようとする」ことそのものが作品なのです。このような風車の上の作品は、既存の美術館ではできないことですね」 須田氏による金色の「雑草」が、唐津市内の市役所本庁舎やカフェなど5箇所に点在している。(唐津市湊風力発電所の作品は年に一度の公開予定)。作品はアプリ「ArtSticker」の位置情報機能によって実際に見つけていき、地域をツーリズムとしてたのしみながらアートを巡ることができる。 世界規模のアートフェアやセカンダリーオークションなどで取引される高額な作品だけがアートではない。またミュージアムも、決して施設という限られた空間だけではない。芸術祭へ作品を出展し、稀有な存在の店舗を手がけてきたスマイルズのビジネス感覚が、The Chain Museumの根底にあり、アートの概念をポジティブに変えてくれる。 「ArtSticker」という小さくて大きな革命 株式会社The Chain
https://iluca.me/39835/
Share
Behind The Scenes
This portfolio is made by foriio
bg“ビジネスをより面白くドライブさせてくれるアートの存在” スマイルズ代表 遠山正道が手がける新事業 「The Chain Museum/ArtSticker」とは?|ILUCA magazine
“ビジネスをより面白くドライブさせてくれるアートの存在” スマイルズ代表 遠山正道が手がける新事業 「The Chain Museum/ArtSticker」とは?|ILUCA magazine
Soup Stock Tokyoの創業者であり、ネクタイブランドのgiraffe、セレクトリサイクルショップのPASS THE BATON、ファミリーレストラン100本のスプーン、二階のサンドイッチなどの多彩な事業を展開する株式会社スマイルズの遠山正道社長。多彩で多方面な事業は、それこそ挙げていくとキリがない。出資・インキュベートまでさまざまな事業やサービスを手がけるスマイルズ代表の遠山氏は、アートの新事業として「The Chain Museum」(ザ・チェーン・ミュージアム)を立ち上げるとともに、アーティスト支援アプリ「ArtSticker 」(アートスティッカー)をリリースした。 スマイルズが作家となり、ミュージアムをつくる ——今回、スマイルズ代表の遠山さんはThe Chain Museumを発足されましたが、遠山さんは現代アートのコレクターでアートに対する造形が深いことで知られています。アートの新事業を立ち上げるキッカケはなんだったのでしょうか? 「ビジネスというのは四コマ漫画のように入口と出口が設定されていて、そこには必ずオチがあるものです。しかしアートは、例えばたった一枚の絵ですべての価値がそこに存在しています。私たちは、ビジネスにおいて“そこにある価値とは一体何なのか?”と立ち返り考えました。その価値を探るために、スマイルズ自らが作家になって作品を発表したのが一つのキッカケです」 スマイルズは「作家」として、2015年大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ、2016年瀬戸内国際芸術祭に「作品」を出展している。スマイルズ独自の視点が生んだユニークな作品を通して、遠山さんはアートとビジネスの掛け合わせの面白さを感じたという。 ——作品を発表してみていかがでしたか。 「芸術祭では、その期間が終わると多くの作品は撤収して廃棄してしまいます。人件費もかかるわけで、若い作家はもちろん著名な作家でもよほどの資金や資源がなければ赤字になってしまうのが現状。ビジネスは、自立していないと継続できません。2015年の大地の芸術祭が終わった後、ビジネスのように継続できる作品をつくろうと考えました」 そこで生まれたのが2016年瀬戸内国際芸術祭での「檸檬ホテル」という事業体としての作品だった。遠山さんは、スマイルズが培ってきたビジネスのノウハウを生かし、継続を目的として「自立」をテーマに作品づくりを行った。その檸檬ホテルは3年目の現在、黒字経営を保っているという。限定的なものではなく、着実に歩みを進める「作品」。 そして、スマイルズの作家としてのコンテクストは「ビジネス」だと遠山さんは確信する。 スマイルズの作家活動から生まれたユニークピース ——芸術祭を経てThe Chain Museumの構想が徐々に生まれていったと? 「スマイルズの作家としてのコンテクストはやはり“ビジネス”だと、檸檬ホテルをつくり再認識しました。次に何をやろうかと考えたとき、ふと“チェーン店”と“アート”というキーワードが浮かんで。私たちはSoup Stock Tokyoというチェーン店を展開していますが、チェーン店とアートはふつう、相容れないモノでしょう。だからこそ面白いものができる、少なくともアート側からは出てこない発想だろうと直感しました。“The Chain Museum”という言葉から着想したのです」 ——はじめは、言葉からだったのですね。 「また、私たちはいくつかの小さな事業を手がけていますが、小さいからこそユニークネスが担保できて、遠くまで響くと実感できます。その経験を踏襲して小さなミュージアムというユニークピースを、芸術祭のように鑑賞者がツーリズムのように巡ることができる場を日常につくりたいと考えました。既存のミュージアムの小型版をやっても意味がないので、むしろそこではできないような“部分特異的”な表現をしていきたいなと」 現在スマイルズの出資するベンチャー事業はいずれも小規模のもの。事業が大きいとリスクばかりで内容がつまらないものになってしまうが、一冊の本を売る書店「森岡書店」や新宿一丁目の「Bar Toilet」など、小さいからこそリスクが少なく、その分思い切ったことができるという。 そして、The Chain Museumをつくるキッカケとしてもう一つ、遠山さんがアートに対して大きく影響を受けたのが、スイスのバーゼルで毎年開催されている世界最大のアートフェア「アート・バーゼルバーゼル」だ。 「一昨年、バーゼルへ行ったとき、高額なアートを目の前にして一種の疎外感を感じました。その直後に、ロンドンに住む娘と会って話したときに「なぜアートをコレクションするの?」と何度も聞かれて。その問いに向き合っていくうちに「実は、コレクションよりも自分でつくりたくなってきた」と話したんです。すると娘は「ああ、それならわかる」って。そういうやりとりがあって、帰国して、The Chain Museumの構想を具体的にイメージしていきました」 ——そうしてPARTYと共同で運営をすることに? 「去年のバレンタインデーに、PARTY代表・伊藤直樹にThe Chain Museumをやりたいと話して。スマホを持って巡るミュージアムのイメージを具体化していきました。レストランで最後はふたりで握手して写真を撮りましたね(笑)」 ツーリズムのようにアートをたのしむミュージアム ——The Chain Museumの具体的な内容をお聞かせいただけますか。 「The Chain Museumの一つ、佐賀県の唐津市では須田悦弘さんの「雑草」と名付けられた作品を巡ることができます。自然電力のグループが自治体や地域の金融機関との連携の元、開発から完工まで手がけた「唐津市湊風力発電所」があるのですが、この風力発電所の風車の上の小さなナットに作品が生えていて、眼下には唐津湾が広がっています。ふだんは見ることができないのですが、「見えないものを、目を凝らして見ようとする」ことそのものが作品なのです。このような風車の上の作品は、既存の美術館ではできないことですね」 須田氏による金色の「雑草」が、唐津市内の市役所本庁舎やカフェなど5箇所に点在している。(唐津市湊風力発電所の作品は年に一度の公開予定)。作品はアプリ「ArtSticker」の位置情報機能によって実際に見つけていき、地域をツーリズムとしてたのしみながらアートを巡ることができる。 世界規模のアートフェアやセカンダリーオークションなどで取引される高額な作品だけがアートではない。またミュージアムも、決して施設という限られた空間だけではない。芸術祭へ作品を出展し、稀有な存在の店舗を手がけてきたスマイルズのビジネス感覚が、The Chain Museumの根底にあり、アートの概念をポジティブに変えてくれる。 「ArtSticker」という小さくて大きな革命 株式会社The Chain
https://iluca.me/39835/

“ビジネスをより面白くドライブさせてくれるアートの存在” スマイルズ代表 遠山正道が手がける新事業 「The Chain Museum/ArtSticker」とは?|ILUCA magazine

Soup Stock Tokyoの創業者であり、ネクタイブランドのgiraffe、セレクトリサイクルショップのPASS THE BATON、ファミリーレストラン100本のスプーン、二階のサンドイッチなどの多彩な事業を展開する株式会社スマイルズの遠山正道社長。多彩で多方面な事業は、それこそ挙げていくとキリがない。出資・インキュベートまでさまざまな事業やサービスを手がけるスマイルズ代表の遠山氏は、アートの新事業として「The Chain Museum」(ザ・チェーン・ミュージアム)を立ち上げるとともに、アーティスト支援アプリ「ArtSticker 」(アートスティッカー)をリリースした。 スマイルズが作家となり、ミュージアムをつくる ——今回、スマイルズ代表の遠山さんはThe Chain Museumを発足されましたが、遠山さんは現代アートのコレクターでアートに対する造形が深いことで知られています。アートの新事業を立ち上げるキッカケはなんだったのでしょうか? 「ビジネスというのは四コマ漫画のように入口と出口が設定されていて、そこには必ずオチがあるものです。しかしアートは、例えばたった一枚の絵ですべての価値がそこに存在しています。私たちは、ビジネスにおいて“そこにある価値とは一体何なのか?”と立ち返り考えました。その価値を探るために、スマイルズ自らが作家になって作品を発表したのが一つのキッカケです」 スマイルズは「作家」として、2015年大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ、2016年瀬戸内国際芸術祭に「作品」を出展している。スマイルズ独自の視点が生んだユニークな作品を通して、遠山さんはアートとビジネスの掛け合わせの面白さを感じたという。 ——作品を発表してみていかがでしたか。 「芸術祭では、その期間が終わると多くの作品は撤収して廃棄してしまいます。人件費もかかるわけで、若い作家はもちろん著名な作家でもよほどの資金や資源がなければ赤字になってしまうのが現状。ビジネスは、自立していないと継続できません。2015年の大地の芸術祭が終わった後、ビジネスのように継続できる作品をつくろうと考えました」 そこで生まれたのが2016年瀬戸内国際芸術祭での「檸檬ホテル」という事業体としての作品だった。遠山さんは、スマイルズが培ってきたビジネスのノウハウを生かし、継続を目的として「自立」をテーマに作品づくりを行った。その檸檬ホテルは3年目の現在、黒字経営を保っているという。限定的なものではなく、着実に歩みを進める「作品」。 そして、スマイルズの作家としてのコンテクストは「ビジネス」だと遠山さんは確信する。 スマイルズの作家活動から生まれたユニークピース ——芸術祭を経てThe Chain Museumの構想が徐々に生まれていったと? 「スマイルズの作家としてのコンテクストはやはり“ビジネス”だと、檸檬ホテルをつくり再認識しました。次に何をやろうかと考えたとき、ふと“チェーン店”と“アート”というキーワードが浮かんで。私たちはSoup Stock Tokyoというチェーン店を展開していますが、チェーン店とアートはふつう、相容れないモノでしょう。だからこそ面白いものができる、少なくともアート側からは出てこない発想だろうと直感しました。“The Chain Museum”という言葉から着想したのです」 ——はじめは、言葉からだったのですね。 「また、私たちはいくつかの小さな事業を手がけていますが、小さいからこそユニークネスが担保できて、遠くまで響くと実感できます。その経験を踏襲して小さなミュージアムというユニークピースを、芸術祭のように鑑賞者がツーリズムのように巡ることができる場を日常につくりたいと考えました。既存のミュージアムの小型版をやっても意味がないので、むしろそこではできないような“部分特異的”な表現をしていきたいなと」 現在スマイルズの出資するベンチャー事業はいずれも小規模のもの。事業が大きいとリスクばかりで内容がつまらないものになってしまうが、一冊の本を売る書店「森岡書店」や新宿一丁目の「Bar Toilet」など、小さいからこそリスクが少なく、その分思い切ったことができるという。 そして、The Chain Museumをつくるキッカケとしてもう一つ、遠山さんがアートに対して大きく影響を受けたのが、スイスのバーゼルで毎年開催されている世界最大のアートフェア「アート・バーゼルバーゼル」だ。 「一昨年、バーゼルへ行ったとき、高額なアートを目の前にして一種の疎外感を感じました。その直後に、ロンドンに住む娘と会って話したときに「なぜアートをコレクションするの?」と何度も聞かれて。その問いに向き合っていくうちに「実は、コレクションよりも自分でつくりたくなってきた」と話したんです。すると娘は「ああ、それならわかる」って。そういうやりとりがあって、帰国して、The Chain Museumの構想を具体的にイメージしていきました」 ——そうしてPARTYと共同で運営をすることに? 「去年のバレンタインデーに、PARTY代表・伊藤直樹にThe Chain Museumをやりたいと話して。スマホを持って巡るミュージアムのイメージを具体化していきました。レストランで最後はふたりで握手して写真を撮りましたね(笑)」 ツーリズムのようにアートをたのしむミュージアム ——The Chain Museumの具体的な内容をお聞かせいただけますか。 「The Chain Museumの一つ、佐賀県の唐津市では須田悦弘さんの「雑草」と名付けられた作品を巡ることができます。自然電力のグループが自治体や地域の金融機関との連携の元、開発から完工まで手がけた「唐津市湊風力発電所」があるのですが、この風力発電所の風車の上の小さなナットに作品が生えていて、眼下には唐津湾が広がっています。ふだんは見ることができないのですが、「見えないものを、目を凝らして見ようとする」ことそのものが作品なのです。このような風車の上の作品は、既存の美術館ではできないことですね」 須田氏による金色の「雑草」が、唐津市内の市役所本庁舎やカフェなど5箇所に点在している。(唐津市湊風力発電所の作品は年に一度の公開予定)。作品はアプリ「ArtSticker」の位置情報機能によって実際に見つけていき、地域をツーリズムとしてたのしみながらアートを巡ることができる。 世界規模のアートフェアやセカンダリーオークションなどで取引される高額な作品だけがアートではない。またミュージアムも、決して施設という限られた空間だけではない。芸術祭へ作品を出展し、稀有な存在の店舗を手がけてきたスマイルズのビジネス感覚が、The Chain Museumの根底にあり、アートの概念をポジティブに変えてくれる。 「ArtSticker」という小さくて大きな革命 株式会社The Chain
Favorite
Credit
Interview
Writing
Share
Do you like this work?
Stay up-to-date with
MayoHayashi
's creations
or add your own work now!