写真家 マリー・トマノヴァを生んだ、ニューヨークの多様性

写真家 マリー・トマノヴァを生んだ、ニューヨークの多様性

被写体にクローズアップしたポートレートで、夢や可能性、希望、自由があふれるアメリカの姿を描き出すフォトグラファー、Marie Tomanova。 チェコ出身の彼女は、写真家を志すきっかけの1つであったRyan McGinleyからも認められ、ニューヨークで活躍の場を広げている。 今回、Lula JAPANの新たなプロジェクトやSO1 Galleryでの個展に際して来日した彼女に、自身と初の写真集「Young American」について話を聞いた。
Favorite
Credit
インタビューワー
エディター
ライター
編集
Share
Do you like the work?
Get in touch with
山下瞳
or create your own now!