幻影心中

幻影心中

私は椅子に座っていた。マサシさんは慈しむように私の頬に触れようとして、悲しく手を下げた。 「存在しない人視点」の短編小説です。
Favorite
Credit
小説家・エッセイスト
Share
More works from 佐倉愛斗
Do you like the work?
Get in touch with
佐倉愛斗
or create your own now!