【奥野一成】教養のための投資を通じて「労働者2.0」を目指せ