一路真輝さん「Op.110 ベートーヴェン『不滅の恋人』への手紙」インタビュー|ONTOMO

一路真輝さん「Op.110 ベートーヴェン『不滅の恋人』への手紙」インタビュー|ONTOMO

■タイトル 一路真輝、ベートーヴェンの「不滅の恋人」アントニー・ブレンターノを演じる ■リード 楽聖ベートーヴェンの死後、秘密の引き出しから見つかった1通のラブレターを軸に、彼と恋人を取り巻く人間模様が繰り広げられる舞台『Op.110 ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』。脚本を木内宏昌、演出を栗山民也、音楽・演奏を新垣隆が手がける。 本作のタイトルとなっている「ピアノ・ソナタ第31番 Op.110」は、ベートーヴェンの愛する「不滅の恋人」に捧げた楽曲であるといわれている。 ラブレターの宛先である「不滅の恋人」には複数の女性候補がおり、現在の研究でも確定されていない。しかし本作では、ベートーヴェンの友人で経済的な支援者だったドイツの大富豪、フランツ・ブレンターノの妻アントニーと仮定して禁断の恋の行方が描かれる。二人の魂が結びつく様子や真の芸術をめぐる物語はどのように展開されるのか──。 主人公アントニー・ブレンターノを演じる一路真輝の、ベートーヴェンや作品に対する思いに耳を傾けた。 ■続き(記事リンク) https://ontomo-mag.com/article/interview/op110-maki-ichiro/
Favorite
Credit
インタビュー
ライター
企画
Share
Do you like this work?
Stay up-to-date with
岡山朋代
's creations
or add your own work now!