自治体が生理の貧困に向き合うために。ナプキン配布だけで終わらない、浜松市のアプローチは?|#NoBagForMe PROJECT|note
Logo

自治体が生理の貧困に向き合うために。ナプキン配布だけで終わらない、浜松市のアプローチは?|#NoBagForMe PROJECT|note

Favorite
Credit
ライター
取材

自治体が生理の貧困に向き合うために。ナプキン配布だけで終わらない、浜松市のアプローチは?|#NoBagForMe PROJECT|note

生理についてみんなで学ぶ──そんな動きが、日本各地に広がりつつあります。   「#NoBagForMe」プロジェクトの一環として2020年からスタートした企業向け研修プログラム『みんなの生理研修』。生理にまつわる知識向上や、職場での相互理解の促進を目指し、これまでさまざまな企業で実施されてきました。   そして2021年に入って以降、「みんなの生理研修」の受講を望む声が、自治体や大学からも届くようになりました。   社会が今、タブー視されていた生理と真っ直ぐに向き合いつつある。この社会的な動きの背景には、いったい何があるのでしょうか? 全3回の連載で、「み
Favorite
Credit
ライター
取材
Share
Do you like the work?
Get in touch with
中道
or create your own now!