一言で日本酒通ぶれるパワーセンテンス(3) 「和らぎ水をください」

一言で日本酒通ぶれるパワーセンテンス(3) 「和らぎ水をください」

日本酒は近年、驚くほど味わいが良くなっているのを知っていますか? 製造責任者である杜氏さんが門外不出の技術や勘を頼りにつくっていた時代は、半ば終わりを告げました。大学でも発酵学というジャンルの確立が進み、醸造技術が格段に進歩。新たな酵母の開発や酒米(さかまい)の品種改良など、現代人の味覚に合う日本酒が次々と誕生しています。
Favorite
Credit
企画
日本酒ライター
編集
Share
Do you like the work?
Get in touch with
or create your own now!