片桐はいりさん「未練の幽霊と怪物」インタビュー|ぴあニュース
片桐はいりさん「未練の幽霊と怪物」インタビュー|ぴあニュース-1

片桐はいりさん「未練の幽霊と怪物」インタビュー|ぴあニュース

■タイトル 片桐はいり、『未練の幽霊と怪物』で「いろんな境地にお連れします」 ■本文 片桐はいりが、岡田利規の作・演出によるKAAT神奈川芸術劇場プロデュース公演「未練の幽霊と怪物 ―『挫波』『敦賀』―」に出演する。3月上旬、岡田の企画説明をもとに作品のイメージを膨らませる心境を尋ねた。 能の上演形式に倣い、間狂言を挟んだ2曲の現代能で構成される本作。建築家ザハ・ハディドをシテ(主人公)にした『挫波』と、廃炉の道をたどる高速増殖炉もんじゅをめぐる『敦賀』の2作品が、霊的な存在が思いを語る“夢幻能”の構造を用いて繰り広げられる。新国立競技場の設計者に選ばれたもののデザイン案が撤回され、失意のうちに没したハディド、もんじゅに夢のエネルギー計画を投影した人々が抱える“未練”とは──。 ■続き(記事リンク) https://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=202003180000
Favorite
Credit
インタビュー
ライター
Share
Do you like the work?
Get in touch with
岡山朋代
or create your own now!