Kバレエ「白鳥の湖」ゲネプロレポート|ぴあニュース
Kバレエ「白鳥の湖」ゲネプロレポート|ぴあニュース-1

Kバレエ「白鳥の湖」ゲネプロレポート|ぴあニュース

■タイトル Kバレエ・熊川哲也版『白鳥の湖』が新世代ダンサーの力で新局面へ ■本文 熊川哲也 Kバレエ カンパニー Spring 2021『白鳥の湖』が、3月24日に開幕。ひと足早く鑑賞したゲネプロの様子をレポートする。 芸術監督の熊川による演出・再振付で2003年に初演され、レパートリーとなった本作。今回の目玉は新プリンシパルとして1月に入団した日髙世菜のほか、カンパニーの次代を担うダンサーが集結したことだろう。取材日にオデット / オディールを演じていたのは、成田紗弥。王子ジークフリードには2020年10月にプリンシパルへ昇格した堀内將平、悪魔ロットバルトに栗山廉がキャスティングされた。 ■続き(記事リンク) https://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=202103240001
Favorite
Credit
Share
Do you like the work?
Get in touch with
岡山朋代
or create your own now!