「泥人魚」宮沢りえ×磯村勇斗ゲネプロレポート|ぴあニュース
「泥人魚」宮沢りえ×磯村勇斗ゲネプロレポート|ぴあニュース-1

「泥人魚」宮沢りえ×磯村勇斗ゲネプロレポート|ぴあニュース

■タイトル 『泥人魚』開幕、宮沢りえ「言葉を握りしめ突き進んできた」 ■本文 COCOON PRODUCTION 2021『泥人魚』が、12月6日に開幕。これに先立ち、報道陣向けのプレスコールが行われた。 唐十郎が自身の率いる劇団唐組で2003年に初演し、第55回読売文学賞 戯曲・シナリオ賞、第38回紀伊國屋演劇賞、第7回鶴屋南北戯曲賞、第11回読売演劇大賞の優秀演出家賞を獲得した本作。新宿梁山泊の金守珍が演出を手がける今回の上演版には、宮沢りえ、磯村勇斗、愛希れいか、風間杜夫らがキャスティングされた。 プレスコールで公開されたのは、1幕ラストの約20分間。干拓事業の賛否に揺れる長崎の諫早漁港を去った蛍一(磯村)は、まだらボケの詩人・静雄(風間)が店主を務める都会のブリキ店に身を寄せる。そこへ蛍一とかつて一緒に働いていた同僚・しらない二郎(岡田義徳)、二郎に長崎行きを指示したとある会社の秘書室長・月影小夜子(愛希)、「ヒトか魚か分からぬコ」と呼ばれるヒロイン・やすみ(宮沢)が次々と訪れる。 ■続き(記事リンク) https://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=202112060000
Favorite
Credit
Share
Do you like the work?
Get in touch with
岡山朋代
or create your own now!