最果タヒさん「最果タヒ展」インタビュー|ぴあ関西版WEB
最果タヒさん「最果タヒ展」インタビュー|ぴあ関西版WEB-1

最果タヒさん「最果タヒ展」インタビュー|ぴあ関西版WEB

■タイトル 名古屋・大阪での個展巡回に、 最果タヒ「詩になる直前の言葉で“私”を取り戻して」 ■本文 スマートフォンで詩を綴り、現代の空気や人々の感情を鮮やかに表現する詩人・最果タヒの個展が、2・3月に巡回する。2020年に福岡と東京の来場者から大きな支持を集めた展覧会の愛知・大阪“上陸”にあたって、作家本人に見どころを尋ねた。 20代で現代詩手帖賞、中原中也賞を獲得して以来、ツイッターでの作品発表、詩集の映画化(石井裕也監督作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』)、作詞提供、ホテルとのコラボレーションなど幅広い活動で知られる最果。本展では、詩になる“直前”の言葉が集められた展示空間を通じて、来場者が主体的に詩を体感できるインスタレーションが展開される。 特に圧巻なのは、どの会場でも最大の展示面積を占める《詩になる直前の、》シリーズだろう。天井から吊るされた無数のモビール群にはそれぞれ脈絡のない断片的なワードが連なっており、来場者は回転し揺らめくモビールを分け入りながら鑑賞する。最果が企画意図を「観客がいて初めて詩が完成する空間をつくれたら」「私がいちばん鮮烈だと感じる、言葉が自分の想像を超えていく瞬間が作品に現れることが理想」とする通り、琴線に触れる語に偶然“出会う”もよし“探して”必然とするもよし、楽しみ方は来場者次第。愛知はギャラリーの形で、大阪はモビールの量でさらなる没入感を演出するという。 ■続き(記事リンク) http://kansai.pia.co.jp/news/art/2021-02/saihatetahi.html
Favorite
Credit
インタビュー
ライター
Share
Do you like the work?
Get in touch with
岡山朋代
or create your own now!