生駒里奈さん「かがみの孤城」インタビュー|ぴあニュース
生駒里奈さん「かがみの孤城」インタビュー|ぴあニュース-1

生駒里奈さん「かがみの孤城」インタビュー|ぴあニュース

■タイトル 生駒里奈、役に自分重ね「いじめの経験あるからこそ発信したい」 ■本文 生駒里奈が、成井豊の脚本・演出で舞台化される『かがみの孤城』に主演する。原作を読み、主人公・安西こころを「自分にぴったりの役」と述べ、作品や役柄のイメージを膨らませる稽古前の心境に耳を傾けた。 辻村深月が2017年に刊行し、翌年の本屋大賞を獲得した本作。同級生の悪意に傷つき、家に閉じこもる中学1年生のこころはある日、自室の鏡を通じて見知らぬ城がそびえ立つ異世界へ引き込まれてしまう。そこで出会った6人の仲間と望みが何でも叶う“願いの鍵”を見つけようと奔走するうちに、彼らは自分たちが城に集められた理由を目の当たりにして──。共演者には溝口琢矢、野田裕貴(梅棒)、木津つばさ、前田航基、原田樹里、河内美里らが名を連ねている。 小学校で友人に無視され、独りで過ごしていた経験から「不登校になってしまう、こころの気持ちがすごくわかるんです」と役柄に自身を重ねる生駒。以来、内省的な性格になったというが…… ■続き(記事リンク) https://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=202007200001
Favorite
Credit
インタビュー
ライター
Share
Do you like the work?
Get in touch with
岡山朋代
or create your own now!