R-15指定の三浦大輔演出「娼年」、松坂桃李「舞台界に残る作品になる」|ステージナタリー

R-15指定の三浦大輔演出「娼年」、松坂桃李「舞台界に残る作品になる」|ステージナタリー

■タイトル R-15指定の三浦大輔演出「娼年」、松坂桃李「舞台界に残る作品になる」 ■本文 三浦大輔が脚本・演出を手がける「娼年」が、明日8月26日に東京・東京芸術劇場 プレイハウスにて開幕する。初日を控えた本日8月25日に囲み取材が行われ、三浦をはじめ、キャストの松坂桃李、高岡早紀が登壇した。 ~ 会見後のゲネプロは、幼いリョウが母親と生き別れる場面からスタート。やがて自身が働くバーに客として来店した静香に導かれるように、リョウは娼夫の世界に飛び込む。客席の中央部分、AからD列に張り出した空間には大きなベッドが置かれ、リョウはその上で女性客と身体を重ね合い、時に心に寄り添っていく。松坂は伸びやかな体躯を惜しげもなく披露。娼夫の仕事に次第に充足感を覚え、人間的に成長していくさまを熱演していた。高岡はそんなリョウを受け止める静香を蠱惑的に演じ、舞台に華を添えていた。 ■続き(記事リンク) R-15指定の三浦大輔演出「娼年」、松坂桃李「舞台界に残る作品になる」
Favorite
Credit
カメラマン
ライター
Share
Do you like this work?
Stay up-to-date with
岡山朋代
's creations
or add your own work now!