「その人らしさ」と「からだの使い方」は繋がっている。NBAを制したアスレティックトレーナーが語る「身体を通じた自己理解」の大切さ。|スポーツを考えるnote〜Presented by スポーツ医学検定|note
Logo

「その人らしさ」と「からだの使い方」は繋がっている。NBAを制したアスレティックトレーナーが語る「身体を通じた自己理解」の大切さ。|スポーツを考えるnote〜Presented by スポーツ医学検定|note

Favorite
Credit
インタビューワー
ライティング・編集

「その人らしさ」と「からだの使い方」は繋がっている。NBAを制したアスレティックトレーナーが語る「身体を通じた自己理解」の大切さ。|スポーツを考えるnote〜Presented by スポーツ医学検定|note

世界最高峰のバスケットボールリーグであるNBA。 近年、ワシントン・ヴィザーズに移籍した八村塁や、メンフィス・グリズリーズに所属する渡邊雄太など、海を渡って活躍する日本人選手が増えています。 メディアに大きく取り上げられるのは「選手」です。しかし、スポーツは選手だけではなく多くの「裏方」の支えがあってこそ成り立つもの。NBAでも「裏方」として、勝利の美酒に酔いしれた日本人がいました。 強豪サンアントニオ・スパーズで7年間に渡りアスレティックトレーナーを務め、2014年にNBA優勝を経験した山口大輔さん。愛称は「DICE(ダイス)」。現在は東京医科歯科大学スポーツサイエンスセンタ
Favorite
Credit
インタビューワー
ライティング・編集
Share
Do you like the work?
Get in touch with
中村
or create your own now!